「同じ自宅サーバー作ろうよ」計画! Ver3.x
 
■掲示板の設置■

HOMEへ

■著作権フリーな掲示板を設置しよう

CJ-ClubのりゅういちさんがI-BOADと言う完全フリーな掲示板を公開しています。「著作権放棄につきサポートもなし」との条件で、著作部分の改ざん、商用利用、再配布が可能です。
ここにサンプルを設置しましたので全機能を確認してみてください。パスワードは「1234」です。あなたが管理者として投稿の編集、削除ができます。この掲示板にSAOへの質問をされても返答いたしません。あくまでもイメージチェックと言う形です。
テスト書込みする時パスワードは知られても良いパスワードを使ってくださいログファイルを見える設定にしてあります

■perlへのパス

どこのcgiも先頭行に

    #!/usr/local/bin/perl
    #
    # 上にサーバーのパールまでのアドレスを記入してください
    # 一般的には#!/usr/local/bin/perl又は#!/usr/bin/perlです
    #
    # ============================ プログラム説明 ====

なんて記述がありますね。
この1行目 #!/usr/local/bin/perl の部分…実はAN HTTPDでcgiを動かすには #!/usr/local/bin/perl 部分の変更は不要なんです。早い話、AN HTTPDが無視しちゃうんです。

■ディレクトリのパスについて

    #このCGIはjcode.plが必要です。
    require './jcode.pl';
    #データを保存するファイル名を指定します。
    $file_name = './access.txt';

上の例では

    #このCGIはjcode.plが必要です。
    require '.¥jcode.pl';
    # データを保存するファイル名を指定します。
    $file_name = 'e:\public_html\homeserver\test\access.txt';

なんて 「/」を「\」、あるいはwin同様に 「E:\〜」形式にフルパスでも問題ないcgiもあります。

ところが…
    URLなどの指定には「/」でないといけません。

    例
    #あなたのホームページを指定してください。
    $home='http://itoigawa.com/' 

UNIXやLINUXですとcgiの設置場所が「/cgi-bin」に決められているようですがAN HTTPDの場合、cgiを「/cgi-bin」に設置する必要はありません。ごく普通にドキュメントルート配下に置いてください。

■パーミッション

「FTP転送後パーミッションを755に…」なんてありますね。Windowsはパーミッションの指定はありませんので手を加えることがありません。

■IBBS再配布

ログが見えない様にしたI-BOARDシリーズを再配布します(単純にログファイルの拡張子を変えただけです。その他は手を加えていません)。パスワードの変更や必要に応じてsendmailなどの設定をお忘れなく。

ドキュメントルートに解凍するとそのまま使えます。
例 「ドキュメントルート−IBBS−IBBS.CGI」の構成になるように解凍してください。アクセスは「http://ドメイン/IBBS/IBBS.CGI」で表示されればOKです。

サンプルとダウンロード

アイコン一行レス掲示板 I-BOARD/LR ダウンロード
アイコンふきだしレス掲示板 I-BOARD/F ダウンロード
アイコンふきだしレス掲示板2 I-BOARD/F2 ダウンロード
シンプル掲示板 I-BOARD/Mi ダウンロード
アイコンレス掲示板 I-BOARD ダウンロード


HOMEへ

 
 
SAO「同じ自宅サーバー作ろうよ」計画!