「同じ自宅サーバー作ろうよ」計画! Ver3.x
 
■メルコBLR-TX4■

HOMEへ

情報が古くなっています。

他のルーター設定は下記を参照してください。
メルコBLR-TX4L
オムロンMA800R
住友TE4100シリーズ
IOデータNP-BBRS

■メルコBLR-TX4

詳細設定をクリックし設定作業をします。



以下、赤丸部分を設定。

ブロードステーション名は各ルーター固有のもので変更しなくて良い。
赤丸以外のIPアドレス等は自動で設定されるもので変更しなくて良い。
最後に「設定」をクリックする。(各画面毎にクリックしないと反映されないので注意)




次回からブロードステーションにログインするためのパスワードを決めておきましょう。




プロバイダからの認証ユーザー名とパスワードを入力。
以下画面の通りに。


ここからチト面倒です。
画面上半分は同じ設定でOKです。「設定」のクリック忘れずに。

    補足
    DHCPサーバー機能 ルーターにつながったパソコンにIPアドレスを自動的に割り振る機能です。
    割当アドレス 指定したアドレス(192.168.0.2)から32台(192.168.0.33)の範囲でIPアドレスを設定してくれます。
    リース期間 48時間だけ設定したIPアドレスを保持します。
        これは内部的に各パソコン(LANカード特有)のMACアドレスを記憶し、パソコンのON、OFFに関係なく
        IPアドレスを保持します。
        逆に言うと48時間後にIPアドレスを変更するため外からの侵入に対してパソコンを特定できなくする機能です。
    除外IPアドレス これはサーバーのような固定IPを設定する場合の範囲で、DHCP機能は
    この範囲を除外した範囲(192.168.0.17〜192.168.0.33)でIPアドレスを設定することになります。


手動割当 これはサーバーのように固定IPが必要な場合に設定する部分です。
    除外IPアドレスの範囲内であれば、どれでもOKです。
    MACアドレスはLANカード固有(世界に1つしかありません)のLANカードを識別するアドレスで
    確認方法はコマンドライン(DOS窓)から調べます。

    MACアドレスの確認方法

    Win9X系 winipcfg と打ちます。
    IP設定の別窓が開きます。
    アダプタアドレスがMACアドレスです。

    WinNT系 ipconfig /all と打ちます。
    画面を上にスクロールします。
    Ethernet adapter ローカル エリア接続Physical AddressがMACアドレスです。

IPアドレスとMACアドレスを入力し追加をクリック。
    上の例では固定IPを2台設定していますが、これは私の環境独自(サーバーとサーバー予備機)の設定です。

***** 実は…ここでMACアドレスを設定できない場合があります *****

サーバー機で上記の手順を踏んだ人が該当します。
ハマリましたね^^;

「そのアドレスは既に予約されています」なんてエラーが出たと思います。
そうなんですよ。既に自動的にIPアドレスとMACアドレスが設定されちゃてます。
予約アドレスに上書きできない仕様なので私も困ってしまいました。

他の設定方法もあるかも知れませんが私は以下の方法で解決しました。
    *この方法以外考えませんでしたし知りません。

CASE1 LANカードをもう1枚用意する。
CASE2 サーバー機以外のパソコンを用意する。

どちらも最終的にはサーバー機に使用するLANカードと違うLANカードでルーターにアクセスし設定するのが肝です。

A 上の図のDHCP機能を使用しないにして「設定」。
B TOPへ戻る−機器診断−設定初期化を展開

(間違えて設定初期化をしないように)

ブロードステーションの再起動−実行。

C ブロードステーションの再起動を確認。
D またまたIEからブロードステーションにアクセスしDHCP機能を使用するにして「設定」。
E そのままルーターを電源OFF(いきなりコンセントを抜きましょう)。
F パソコンをシャットダウンします(或いは予備のパソコン(LANカード設定済み)をお持ちでしたらHへ)
G LANカードを入れ替え、再起動。LANの各種設定をします。
H 設定完了後、一旦、パソコンをシャットダウンします。
I ルーター電源ON。ルーター再起動後パソコンON。
J 以降本ページの手順ですすめて

    手動割当設定のIPアドレスに192.168.0.2〜192.168.0.16の範囲のアドレスを設定。
    MACアドレスはDOS窓で調べたMACアドレスを入力、「追加」。

これで出来たはずです。

K ルーター、パソコン電源OFF。
L サーバー機のLANカードを元のLANに入れ替え、本文最上部のLAN設定にする。
M ルーター電源ON。ルーター再起動後パソコンON。

これで作業の続きが継続できます。

HIEよりブローバンドルーターにアクセス、下記の設定。

あなたが構築したいサーバーのIPアドレスとサーバー専用のポートを指定します。
    設定例(サーバーの種類によりポートは決まっていると思ってください)
    WEBサーバー=80
    FTPサーバー=20−21
    メールサーバー=25と110
    その他 上記以外のサーバーはお調べください。

I最後です。


これ重要です。何も言わず「無視」にして下さい。
「TCP/UDP」にチェックを入れ任意のポートに135〜139そして445を入れてください。

外からの侵入者の「誰か居ますか〜?」って問い合わせに対し「居留守」(返事をしない)を決め込む設定です。
もし「いませんよ〜」と返事をしたら居るのが分かっちゃうでしょ。


ルーターの電源をOFFり設定終了です!

HOMEへ

 
 
SAO「同じ自宅サーバー作ろうよ」計画!