TOPへ戻る
  openmeetings 導入簡略化  

- openmeetings構築 ページが煩雑になってしまいましたので導入方法を簡略化しました -
openmeetings Project Home→ http://code.google.com/p/openmeetings/
 openmeetings 各バージョン入手先→ http://code.google.com/p/openmeetings/downloads/list
  
2011年12月13日 新バージョン openmeetings_1_9_1_r4707.zip 99.0 MB がリリースされています!
Release Notes

2011年12月05日 新バージョン openmeetings_1_9_0_r4692.zip がリリースされています!
2011年11月14日 新バージョン openmeetings_1_8_8_r4555.zip がリリースされています!
2011年10月30日 新バージョン openmeetings_1_8_6_r4488.zip がリリースされています!
2011年10月22日 新バージョン openmeetings_1_8_5_r4452.zip がリリースされています!
2011年10月09日 新バージョン openmeetings_1_8_4_r4387.zip がリリースされています!
2011年10月02日 新バージョン openmeetings_1_8_3_r4343.zip がリリースされています!
2011年09月24日 新バージョン openmeetings_1_8_2_r4283.zip がリリースされています!
2011年09月19日 新バージョン openmeetings_1_8_1_r4260.zip がリリースされています!
2011年09月14日 新バージョン openmeetings_1_8_0_r4229.zip がリリースされています!

   (2012/04/22/)
これより上記バージョンでの設定はこちらのサイト様PDFを参考にして下さい。
V1.9.1をWindows2000 Serverに入れたのですがインストールは出来たもののFlash Playerが何故か入らず起動できませんでしたのでWinXPで上記サイト様ページをお手本にしましたら見事動かすことが出来ました。
V1.7.0以下のバージョンは下記の設定で出来ます。

2011年06月15日 新バージョン openmeetings_1_7_0_r3822.zip がリリースされています!
2011年03月07日 新バージョン openmeetings_1_6_2_r3675.zip がリリースされています!

先ずは自宅サーバーが稼働していることを前提に進めます。
1、ルーターに必要ポートを開放する
 1935, 4445, 5080, 8088, 8443, を自宅サーバーPCのプライベートIPとPortに向けるようにします。
ルーターポート解放  
使用ルーター NTT X400Vの NAPT設定



2,導入に必要なアプリをゲットする
MySQL

JRE

OpenOffice.org

SWFTools

ImageMagick

ffmpeg

SOX

GhostScript

Red5

openmeetings



3、上記のアプリを導入する
MySQLのダウンロードとインストール


2011/03/03/
 野切り屋は新バージョンの mysql-5.5.9-win32.msi ではエラーが出てインストール出来ませんでしたので、
 前バージョンの mysql-5.1.45-win32.msi をインストールしました
、本家に無ければココから勝手に持ってってww

Windows (x86, 32-bit), MSI Installer (mysql-5.1.45-win32.msi) をDL

mysql-5.1.45-win32.msiを実行
MySQL インストール →mysql-5.1.45-win32.msi を実行

インストールディレクトリを聞かれます野切り屋は D:/MySQL/Server/ に入れますファイルは全部入れちゃえMySQL
インストールは忘れずにCUSTOM→インストールディレクトリを聞かれます、野切り屋は D:\MySQL\Server\ に入れます→ファイルは全部入れちゃえ→Go! Go!

そのまんまGo!ユーザー登録下にチェックを入れるとMySQLユーザー登録サイトへMySQL
そのまんまGo! Go! いっちゃって〜!→MySQLユーザー登録しないで使わせて戴きます!

Detailed ConfigurationServer MachineMultifunctional Databasedata格納ディレクトリの指定が出来るようだが何故か出来ませんでした
いろいろ設定しますからDetailed Configurationで→Server Machineで→Multifunctional Databaseで→そのまんまGo! Go! いっちゃって〜!

MySQLへの常時接続数MySQL日本語PATHも自動で入れて貰いましょう
常時20接続以下なら上を選んで→そのまんまGo! Go! いっちゃって〜! →日本語を選びましょう→PATHも自動で入れて貰いましょう→Go! Go!

rootのパスワード、下にも同じくMySQLMySQL→おめでとう!
rootのパスワード→Go! Go! そのまんま いっちゃって〜!

この時点でMySQLはWindowsサービスとして起動していますので一端サービスを停止させて MySQL data ディレクトリを変更しておきましょう、
それと野切り屋が導入した、D:\MySQL\Server\ の my.ini ですが、
#Path to the database root
datadir="D:/Documents and Settings/All Users/Application Data/MySQL/MySQL Server 5.1/Data/" となっている部分を、
          ↓ 書き換え
datadir="D:/MySQL/Server/Data/" という風に書き換えたほうがいいでしょう、ディレクトリに半角スペースがあるとエラーの元です!。
以下の行も付け加える
[mysqld]
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake


[mysqldump]
default-character-set=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8

書き換えたら D:/Documents and Settings/All Users/Application Data/MySQL/MySQL Server 5.1の /Data/" ディレクトリのファイルを、
 D:/MySQL/Server/Data/" にコピーします、
 コピーしないとMySQLをサービス起動したとき ↓ 下記のようにエラーとなります、
MySQL Windowsサービス起動
\data\ディレクトリのファイルを変更したディレクトリにコピーして下さい!
コピーしましたら D:/Documents and Settings/All Users/Application Data から下の /MySQL/MySQL Server 5.1/Data/" は削除してもOKです。

openmeetingsデータベース作成
次はMySQLに openmeetings というデータベースを作ります、
MySQLをサービス起動してから、
コマンドプロンプトで、
mysql -u root -p と入力→エンター


MySQLのパスワードを打ち込む→エンター、


create database openmeetings default character set utf8; と打ち込む→エンター


エラーが無ければ quit → exit でMySQLを抜ける。
一応、\MySQL\Server\data\に openmeetings というデータベースが出来ているか確認しておきましょう。



それと Flash Player 入っていなければ入れて下さい http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



JREのダウンロードとインストール

JRE ダウンロード を選択


Platform に Windows を選択、チェックを入れる


上側にチェックを入れてDL



既にJREがインストールしてあってもバージョン番号が入っているディレクトリではこのあとJAVAのアップグレードで面倒なので変更します
 一度JAVAをアンインストールしてPC再起動して新たにインストールします。
野切り屋は D:\Program Files\Java\jre にインストールしました。
JREインストール
JRE インストール →jre-6u19-windows-i586.exe を実行
チェックを入れてインストール先ディレクトリの変更をします

変更ボタンを押してディレクトリを変更します
変更ボタンを押してディレクトリを変更します

インストール先ディレクトリの変更
インストール先ディレクトリの変更


インストール先を確認して、次へ


おめでとう!



環境変数として java.exe の置かれている ディレクトリ と Path を指定します、
環境変数 JAVA_HOME の設定をしないと \Red5\red5.bat から JAVA を起動できません、
 コントロールパネル→システム→詳細→環境変数→新規ボタンを押して、
 変数名に JAVA_HOME  変数値に JRE を入れたディレクトリを、野切り屋は D:\Program Files\Java\jreです、
下の段の Path に java.exe のあるディレクトリを指定します、野切り屋は D:\Program Files\Java\jre\bin;です、
序でに以下も Paht に追加するといいでしょう。
導入ドライブ:\SWFTools;
導入ドライブ:\sox;
導入ドライブ:\ffmpeg;
導入ドライブ:\gs\gs8.71\bin; 及び \gs\gs8.71\lib;
導入ドライブ:\IMageMagick; たぶんインストールすると自動で入っていると思います
導入ドライブ:\MySQL\bin; たぶんインストールすると自動で入っていると思います

Path を通しておいたほうがあとあと無難で、ファイルのアップロードとか変換がスムーズに出来ると思います。
Windows環境変数設定
環境変数設定画面、red5.bat を起動して 「JAVAが見つかりませ〜〜ん」 なんてことを防げます!。



OpenOffice.orgのダウンロードとインストール
本家に無ければwwコチラ→新バージョン3.3.0
野切り屋は D:\ にインストールしました。
インストール先を D:\ と指定すると D:\ に勝手に \OpenOffice.org 3\ というディレクトリが作られます・・・あぁっ!
2011/03/02/
バージョン3.3をインストールしてみたところ上記のように勝手にOpenOffice.org 3というディレクトリは作られなくなりました、
  ユーザーが指定したディレクトリにインストールされます


OpenOffice.org のインストール →OOo_3.20_Win32Intel_install_ja.exe を実行

解凍先CUSTOM

インストール先の変更野切り屋は D:\ファイルは全部入れる既存のOpenOfficeが入っていたら削除されないように下のチェックを外す
インストール先の変更 → 野切り屋は D:\ → ファイルは全部入れる → 既存のOpenOfficeが入っていたら削除されないように下のチェックを外す

OpenOfficeデーターベースの作成データーベース保存ディレクトリOpenOfficeユーザー登録

→おめでとう!

インストール出来ましたら OpenOffice.org Base を起動して各設定をしますとタスクトレイに常駐します。
\OpenOffice.org 3\program\soffice.exe" -headless -accept="socket,host=127.0.0.1,port=8100;urp;StarOffice.ServiceManager"
の設定はしたほうがいいでしょう。



SWFToolsのダウンロードとインストール

Windows Version (Binaries): 14122496 swftools-0.9.0.exe をDL

野切り屋はD:\SWFTools\ にインストール。
SWFTools のインストール →swftools-0.9.0.exe を実行



ImageMagickのダウンロードとインストール

ImageMagick-6.6.1-4-Q16-windows-dll.exe をDL
新しいバージョンのImageMagick-6.6.7-10-Q16-windows-dll.exe ではWindowsXP以上の対応のようだ。
一応Windows 2000で動いているけれど新バージョン入れて録画できなければ古いバージョンをDLして下さい、
 ココに置いときます ImageMagick-6.6.0-8-Q16-windows-dll.exe   ImageMagick-6.6.0-10-Q16-windows-dll.exe 勝手に持ってってww

野切り屋はD:\ImageMagick\ にインストール。

ImageMagick のインストール →ImageMagick-6.6.0-10-Q16-windows-dll.exe を実行





インストール先ディレクトリの変更
インストール先ディレクトリの変更、野切り屋はD:\ImageMagick にインストール。





ここはよく判らないんだがこんな処にチェックを入れた








おめでとう!



ffmpegのダウンロードとコピー

新しいバージョンは下記のサイトから
ffmpegのダウンロードとコピー

野切り屋はD:\ffmpeg\ にコピー。
ffmpeg のコピー →ffmpeg_bin-22137.zipを解凍して出来た ffmpeg.exe を D:\ffmpeg にコピー



SOXのダウンロードとコピー
 このsoxのDLページからどういう訳かダウンロード出来ないのでココにsox-14.3.0-win32.zip置いときます、勝手に持ってってww

野切り屋はD:\sox\ にコピー。
sox のコピー →sox-14.3.0-win32.zipを解凍して出来た \sox***\ というディレクトリのファイルを D:\sox にコピー



GhostScriptのダウンロードとインストール

gs871w32full-gpl.zip 11-Feb-2010 17:53 16M をDL

野切り屋はD:\gs\ にインストール。
インストール先ディレクトリの変更と2カ所にチェック
GhostScript のインストール →gs871w32full-gpl.zipを解凍したディレクトリの setupgs.exe を実行
インストール先ディレクトリの変更と2カ所にチェック



openmeetingsのダウンロードとコピー先
解凍しますと以下のディレクトリ構造となります、
先の構築ページではRed5のインストールを行ってからRed5\webapps\の下にopenmeetings***.zipを解凍して出来た\openmeetings\以下のファイルをコピーしていたのですが、
最近のopenmeetings***.zipはRed5本体も入っていますからそのまま全部のファイルをRed5インストールディレクトリにコピーします、
そしてRed5のインストールは\Red5\ディレクトリに上書きでインストールします。

openmeetingsディレクトリ構造全容    openmeetingsディレクトリ構造一部
コピーしましたら
\Red5\webapps\openmeetings\conf\ にある hidernate.cfg.xml の username を初期値の root のそのままとして、 password を任意に書き換えて下さい




Red5のダウンロードとインストール
2011/03/11/
現在UPされている setup-Red5-1.0.0-RC1.exe ではopenmeetings のインストーラー画面を出すことが出来ませんでした、
  野切り屋は前バージョンの setup-Red5-0.9.1.exe に戻してインストール出来ました。

2011/03/02/
ダウンロードページが変更されています、コチラからどうぞ
上記のopenmeetings***.zipのディレクトリ構造そのままに\Red5\に上書きインストールします
野切り屋は D:\Red5\ にインストールしました。
Red5インストール
Red5のインストール →setup-Red5-0.9.1.exe を実行

Red5インストール

Red5インストール先ディレクトリ
インストールディレクトリ、野切り屋は D:\Red5\

Red5インストール

IP address を問われます
Red5ipアドレスは何も入れずにOKボタンを押す
IP address は 何も入れずにOKボタンを押す

Port number を問われます
Red5portは何も入れずにOKボタンを押す
Port number は 何も入れずにOKボタンを押す


もしここに localhost と入れるとネットに繋がらなくなります、
LAN側からは見えるがネットからは見えない場合は
\Red5\conf\red5.properties を編集する、

# Socket policy
policy.host=0.0.0.0

# HTTP
http.host=0.0.0.0

# RTMP
rtmp.host=0.0.0.0

# RTMPS
rtmps.host=0.0.0.0

# RTMPT
rtmpt.host=0.0.0.0

# MRTMP
mrtmp.host=0.0.0.0
mrtmp.server=localhost

# JMX
jmx.rmi.host=0.0.0.0

Red5インストール

Red5インストール
おめでとう!



openmeetings設定画面を出す前に \Red5\red5.bat を実行します
ブラウザに http://localhost:5080/openmeetings/install と入れると Openmeetings Installation という最終設定画面が出ます。
2011/03/11/
現在UPされている setup-Red5-1.0.0-RC1.exe ではopenmeetings のインストーラー画面を出すことが出来ませんでした、
  野切り屋は前バージョンの setup-Red5-0.9.1.exe に戻してインストール出来ました。


ここの設定はコチラのサイト様に詳しく載っていますので御覧下さい
openmeetingsインストール設定
Username は 最初は root で変えないこと
Userpass は \Red5\webapps\openmeetings\conf\hibernate.cfg.xml の password と一致させること
EMail は ****@nogiriya.com (必須) パスワードを忘れたらここに登録したアドレスに届くようです
Name は nogiriya.com (任意な名前で良い)
Yes
Yes
Yes
Mail Refarer = ****@nogiriya.com (メールアドレス)
SMTP-Server = nogiriya.com (メールサーバドメイン名)
SMTP-Server Port = 25 (メールサーバーポート)
SMTP-Username = ****** (メールユーザー名、@の左側、入力しなくても良い)
SMTO-Userpass = ****** (メールユーザーパスワード、入力しなくても良い)
Default Language = Japanese
Times New Roman
以下インストールアプリの Path
D:\SWFTools





各項目を設定しましたら下段にあるINSTALLボタンを押して完了するまで何分か待ちます、

インストールが完了しましたら、
ここで各アプリの設定を反映させるため一端PCを再起動させます。
再起動の後ブラウザに http://サーバーIPアドレス又はドメイン名:5080/openmeetings/ で認証画面が出てログイン出来ましたら構築成功となります。

目出度くログイン出来ましたらコチラのサイト様のOpenMeetingsユーザーズマニュアルを御覧下さい、詳しく載っています。

野切り屋のopenmeetingsお試し版を設置してあります、下記ページで御自由にお使い下さい、
現在、ユーザ名とパスワードは共にopenmeetingsでログイン出来るようになっております。
Well come to NOGIRIYA openmeetings

参考になったサイト様
Windowsの構築ページは殆どないので凄く参考になりました。
tenkoro様
http://tenkoro.blogspot.com/2010/03/openmeetings.html

ikabou様
http://laszlo.jp/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=373&viewmode=flat&order=ASC&start=10

Linux版ならコチラ
Japanese OpenMeetings Wiki様
  CentOSインストール
  CentOSへOpenMeetingsインストール

↓ コチラは r3621版(V1.6)japanese.xmlです。
  r3621版(V1.6)japanese.xml

Lazlo Japan様
Lazlo Japan



更新履歴

更新日 2012/04/22/ DELL OptiPlex GX280に openmeetings_1_9_1_r4707.zip を導入、1年ぶりの更新です、カメラ画質が選択でき、縦横幅を自由に変えられます。
更新日 2011/03/11/ DELL PowerEdge 840に openmeetings_1_6_2_r3675.zip を導入。
  上記にも書きましたが固有のPC環境かもしれませんが、現在UPされている setup-Red5-1.0.0-RC1.exe ではopenmeetings のインストーラー画面を出すことが出来ませんでした、
   野切り屋は前バージョンの setup-Red5-0.9.1.exe に戻してインストール出来ました。

更新日 2011/03/03/ DELL PowerEdge 1800に openmeetings_1_6_1_r3650.zip を導入しました。 各アプリのDLページを付け加えました。
 使ってみたがどういう訳か録画が出来ず?、ファイルアップロードも出来ず?、会議室も出来たり出来なかったり?、オレのPCだけかな!ww
 この不具合をImageMagickの現バージョンImageMagick-6.6.7-10-Q16-windows-dll.exeから古いバージョンのImageMagick-6.6.0-10-Q16-windows-dll.exe で再インストールしましたら、
 録画もファイルのアップロードも出来るようになりました。
 録画の終了するまでは時間が掛かるため直ぐには再生できませんが、少し待てば再生できます。
 以前のバージョンには無かったユーザーへのメール送信が出来るようになっています。


2011/02/28〜累計 名様   本日 名様   昨日 名様 御訪問頂きました

伊豆大島の野切り屋稼業